文化幼稚園の教育

文化幼稚園
の教育

施設も充実
しています

豊かな心をもち 健康で明るく たくましい子

年齢別目標

教育内容

ここでは各学年で共通の内容を中心に紹介します。この他に各学年の担任独自のカリキュラムが加わります。遊びの中で「ルールを守ること」や「我慢する」 ことが自然に身につくようにその月ごとに工夫をしています。
最近の幼児教育の大きな問題となっている「基本的生活習慣」「道徳性の芽生え」「他を思いやる心」についての教育に関しましては、年間を通しての重点教育内容として 取り組んでおります。

当園では毎月教育内容を配布しております。そちらもあわせてご覧ください。

平成31年度 2月の教育内容

教育目標 教育内容 指導のポイント
冬の自然に興味や関心をもち、いろいろな雪あそびを楽しむ。 雪あそびをしたり、自然現象に触れたりし、冬ならではのあそびを楽しむ。 雪あそびをする中で、様々な自然現象にふれ、興味や関心がもてるようにする。また、雪あそびに必要な約束事を事前に伝え、安全に遊べるように十分配慮する。スキーウエアの着脱や防寒具の始末も自分で行えるように援助していく。
節分の行事に興味や関心をもち、豆まきを楽しむ。 節分に興味や関心をもち、喜んで豆まきをする。 絵本や紙芝居を通して節分について知らせ、豆まきをして行事に興味や関心がもてるようにする。
不審者が侵入した時の避難の仕方を覚え、身につける。 避難訓練に参加し、不審者が侵入した時の避難の仕方を覚える。(防犯) 不審者が侵入した時の避難の仕方を確認し、教師の合図に従って避難することができるようにする。不安な気持ちを抱かせないようにしながらも、訓練の大切さを伝えていく。
店屋ごっこに期待をもちながら品物作りをし、買い物を楽しむ。 いろいろな素材を使って店屋ごっこの品物作りをしたり、店屋ごっこに参加したりする。 店屋ごっこに必要な品物や財布などを作ったり、言葉やお金のやりとりについ
て知らせたりし、期待がもてるようにする。当日、買い物ができずに不安そう
にしていたり、戸惑ったりしている子には十分に配慮をし、一人ひとりが楽し
んで参加できるようにする。
年中児とのふれあいを通し、進級に期待をもつ。 年中児とのなかよし会に参加し、いろいろな友だちとふれあって遊ぶ。 年中組の部屋で一緒に遊び、親しみや憧れの気持ちがもてるようにする。また、いろいろな遊具にふれ、楽しめるようにする。
ひなまつりに興味をもち、制作を楽しむ。 ひなまつりに興味をもちながら、ひな人形作りをする。 ひなまつりの行事について伝え、興味をもってひな人形を作ることができるようにする。
年長児の卒業を知り、祝う気持ちをもつ。 年長児へ感謝の気持ちをもち、プレゼントや輪つなぎを作る。 年長児が卒業することを知らせ、感謝の気持ちをもちながらプレゼントや輪つなぎを作ることができるようにする。
歌・手遊び
●豆まき
●コンコンクシャンのうた 
●ホロロン冬まつり
●雪のこぼうず 
●すうじのうた 
●おにのパンツ 
●うれしいひなまつり 
など
絵本・紙芝居
●ないたあかおに 
●ゆきのひ 
●はじめてのおつかい 
●できないちゃんのてがみ
●どうしておひなさまをかざるの? 
など
その他
●基本的な生活習慣(衣服の着脱、排泄、食事、身のまわりの始末など)を自分からしようとする気持ちを大切にし、一人でできるようになったところや頑張っているところを認め、意欲や自信につなげていくようにする。
●部屋の換気や温度調整をするとともに、手洗い、うがいを積極的に行えるようにし、風邪やインフルエンザなどの予防に努めていく。
教育目標 教育内容 指導のポイント
節分の意味を知り、豆まきを楽しむ。 豆まきをし、節分の行事に親しむ。 節分の意味を伝え、春を迎えることに期待をもちながら、豆まきをして楽しめるようにする。
冬の自然に興味や関心をもち、雪あそびを楽しむ。 冬の自然にふれながら雪あそびを楽しむ。 子どもの発見や不思議に思う気持ちを受けとめ共感したり、いろいろな雪あそびを楽しんだりし、雪や氷など冬の自然に興味がもてるようにする。また、雪あそびに必要な身支度や後始末の仕方などについて知らせ、自分から進んで行えるようにしていくと共に、安全な遊び方について一緒に話し合い、危険のないように十分配慮する。
不審者が侵入した時の避難の仕方を身につける。 避難訓練に参加し、不審者が侵入した時の避難の仕方を覚える。(防犯) 不審者が侵入した時の避難の仕方を知らせ、安全に避難できるようにすると共に、自分の身を守ることの大切さについても伝えていくようにする。
友だちと一緒に喜んで品物を作り、店屋ごっこを楽しむ。 店屋ごっこに期待をもちながら、いろいろな素材を使って品物作りをしたり、店屋ごっこに参加したりする。 店屋ごっこへの期待を膨らませながら、みんなで協力して品物作りに取り組めるようにする。また、買い物の仕方について話し合い、お金や言葉のやりとりを楽しみながら喜んで買い物ができるようにする。
年少児とのふれあいを通して成長した喜びや進級への期待をもつ。 年少組とのなかよし会に参加し、思いやりや親しみをもって一緒に遊んだり、ふれあったりする。 年少児に思いやりや親しみの気持ちをもちながら関わる中で、成長した喜びや進級への期待をもてるようにしていく。
ひなまつりの行事に関心をもつ。 ひな人形を見たり、制作をしたりし、ひなまつりの行事に親しみをもつ。 ひなまつりの由来を知らせ、ひな人形を間近で見ることで関心をもてるようにすると共に、いろいろな素材を使い、楽しんで制作に取り組めるようにする。
年長児に感謝の気持ちをもつ。 年長児に感謝の気持ちを込めて、輪つなぎづくりやバッチづくりをする。 年長児が卒業することを知らせ、これまでの感謝の気持ちを込めて輪つなぎづくりやバッチづくりができるようにする。
歌・手遊び
●豆まき 
●おにのパンツ 
●ホロロン冬まつり 
●雪だるまのチャチャチャ 
●うれしいひなまつり  
●思い出いっぱい 
など      
絵本・紙芝居
●ないたあかおに 
●ゆきだるまのさがしもの 
●かさこじぞう 
●はじめてのおつかい
●なぜ、おひなさまをかざるの? 
など
その他
●冬を健康に過ごすための生活の仕方を再確認し、引き続きインフルエンザなどの予防に努めていく。
●一人ひとりの成長や頑張りを具体的に伝えたり認めたりし、進級にむけて自信や意欲へとつなげていけるようにする。
教育目標 教育内容 指導のポイント
冬の自然事象に気づき、触れたり調べたりして興味や関心を深める。 雪あそびを楽しむ中で、冬の自然事象に興味や関心をもったり、あそびを広げていったりする。 思いきり雪あそびを楽しめるようにしたり、冬の自然事象に触れる中で、疑問に思ったことや発見したことを、図鑑などで調べたり話し合ったりし、興味や関心を深めていけるようにする。
節分の意味を知り、豆まきを楽しむ。 節分を通して、春が近づいていることを知る。 節分の意味を伝え、季節の節目を感じ取ったり、春が近づくことに期待をもったりしながら、楽しんで豆まきができるようにする。
小学校を見学し、就学に期待をもつ。 小学校を訪問し、就学への期待を膨らませながら、授業の様子を見たり校内の見学をしたりする。 小学校を訪問し、校長先生の話を聞いたり、1年生の授業の様子を見たりして、校内の施設に関心をもち、生活の雰囲気を感じられるようにする。また、就学への喜びや期待を膨らませながら、小学校での生活を意識して過ごすことができるようにする。
土粘土の感触を楽しみながら土器づくりをする。 いろいろな土器に興味や関心をもち、土粘土の感触を楽しみながら、土器づくりをする。 昔の人が作った土器に関心をもち、土粘土の感触を味わいながら、自分なりのイメージを表現し、土器づくりを楽しむことができるようにする。
不審者が侵入した際の避難の仕方を身につける。 避難訓練に参加し、不審者が侵入した時の避難の仕方について再確認し身につける。(防犯) これまでの経験を生かして、その場の状況を理解し、落ち着いて迅速に避難することができるようにする。また、訓練後には改めて自分の身を守ることの大切さについて確認をしたり、話し合ったりし、避難の仕方を身につけていくことができるようにする。
店屋ごっこに期待をもち、みんなで協力しながら準備をしたり、売り買いを楽しんだりする。 友だちと協力して店屋ごっこに必要なものを作ったり、店屋ごっこに参加したりする。 店屋ごっこをどのように進めていくか話し合いながら準備をし、売り手としての自覚をもつとともに、売り買いのやり取りを楽しみ、満足感を味わえるようにする。また、お金の役割や大切さについても感じ取れるようにしていく。
卒業に向けての活動に期待をもつ。 卒業式の練習や卒業に向けての活動に意欲的に取り組む。 年長児としての自信や1年生になる喜びを感じながら、卒業式の練習や準備に意欲的に取り組めるようにする。
ひなまつりの行事に関心をもつ。 ひなまつりの由来について話を聞き、ひな人形を飾ったり作ったりしてひなまつりの行事に親しむ。 ひな人形や道具の名前を知らせ、飾りつけをしたり、制作をしたりして、ひなまつりに関心をもてるようにし、桃の節句の雰囲気を楽しみながら、みんなでひなまつりを祝ったり、季節の節目を感じられるようにしたりする。
歌・手遊び
●豆まき 
●ホロロン冬まつり 
●さよならみんなのようちえん 
●うれしいひなまつり 
など
絵本・紙芝居
●おなかのなかにおにがいる 
●ゆきのひのホネホネさん 
●てぶくろをかいに
●おおきくなるっていうことは 
●なぜ、おひなさまをかざるの?   
など
その他
●引き続き、自ら意識して風邪やインフルエンザなどの予防を心がけていけるようにする。
●いろいろな活動に積極的に参加し、見通しをもって生活を進めていけるようにする。
●生活に必要な習慣や態度について再確認したり話し合ったりし、主体的に生活を進めていけるようにする。

施設・職員

文化幼稚園の外観
  • 教諭/12名
    • 幼稚園教諭1種免許状(5名)
    • 幼稚園教諭2種免許状(7名)
    • 保育士免許証(12名)
    • 特別支援学校教諭2種免許状(1名)
  • 事務職員/1名
    • 事務職員(1名)
  • 給食職員/3名
    • 栄養士免許証(2名)
  • 運転士/3名
    • 大型自動車免許(3名)
    • 大型自動車2種免許(1名)
    • 大型特殊自動車免許(3名)
    • 中型自動車免許(2名)
    • けん引(2名)
  • 講師/3名
    • 体育講師(1名)
    • サッカー講師(1名)
    • 英会話講師(1名)
  • 園医/2名・薬剤師/1名
    • ナルミ医院(内科)
    • 松山歯科医院(歯科)
    • 薬剤師

施設のご紹介

当園の施設をスライドショーでご覧いただけます。
※再生すると園歌が流れます。

PAGE TOP